tauthor

  • tauthor さんが「波佐見町の郷土料理」フォーラムで「波佐見町の郷土料理 グループのロゴぼうぶらずうし」というトピックを立てました。 3年 10か月前


    【概要】

    平成22年11月20日-21日に行われた第六回日本再発見塾in長崎県波佐見町の夕食交流会で出品された波佐見町の郷土料理を掲載しています。

    食生活改善推進員、婦人会の皆さんが主となって、お年寄りからお聞きになったりして試作を重ねられたと聞いています。是非、伝統食として代々伝えていきたいものです。(第六回日本再発見塾in長崎県波佐見町 実行委員会 料理班監修)

    【材料】

    • 米 4カップ
    • 水 1170cc
    • 薄口醤油 80cc
    • カボチャ 1kg
    • 湯かけ鯨 100g(2回湯通しする)

    【作り方】

    1. 米を研ぐ。
    2. カボチャの皮を剥き、一口大に切る。
    3. カボチャと米、湯通しした鯨を鍋に入れ、水と薄口醤油を加えて火にかける。
    4. 沸騰したら火を弱め1…

    [ 続きを読む ]

  • tauthor波佐見町の郷土料理 グループのロゴ波佐見町の郷土料理 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「湯無田」フォーラムで「特派員便り 湯無田郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    1723人/584世帯  2010.09.30現在
    面積
    3.54k㎡

    概要
     湯無田郷は現在町内で三番目に大きな自治会として活動しています。
    郷の特徴的なこととして、まず湯無田郷を語るには歴史的過去を知らなければなりません。郷内には二つの神社があります。その一つが熊野神社で、郷村記や波佐見史によると、今から約600年前の室町時代に、現在の愛知県知多半島の野間内海を領有していた内海修理亮泰平が、波佐見に来住する際に熊野権現のお札を持っていたため、今の防辺田の地に神社を勧請して守り神にしたといわれています。秋の9月26日には例大祭と五穀豊穣感謝の奉納浮立が毎年催されています。もう一つの神社は、内海金山(波佐見金山)の麓に鎮座する陶山神社です。この神…[ 続きを読む ]

  • tauthor湯無田 グループのロゴ湯無田 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「村木」フォーラムで「特派員便り 村木郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

     

    人口/世帯数
    人口 945人(男460人・女485人)
    世帯 284世帯
    ※2012.03.31現在
    面積
    6.29k㎡

    概要
    2014年 3月21日(金)
    第35回 波佐見ロードレース大会
    町公民館をスタート、― 舞相 -
    佐世保―嬉野線バイパス、キャノンー村木
    新バイパス、村木―有田線(新峠線)折り返し新道路、村木キャノン線
    新村木峠線
    第58回 波佐見町1周駅伝大会のチーム
    村木の選手の皆さんです。

    今年で34回、村木郷恒例の新春郷内一周駅伝大会が
    多くの郷民の参加で郷公民館を発着点として八区間で、
    タスキ、リレーが実施されました。



    第9回
    畑の原まつり開催予定

    期日  平成26年10月 19日(…[ 続きを読む ]

  • tauthor村木 グループのロゴ村木 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「三股」フォーラムで「特派員便り 三股郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    161人/52世帯  2010.09.30現在
    面積
    1.21k㎡

    概要
     三股郷は、役場より南東約6㎞波佐見川の最上流に位置し、岩山のたたずむ渓谷から流れる清水の谷川に沿って集落をなし、波佐見東地区で最も小さい自治会です。

    年間行事の一つで、7月に行う夏祭りでは、子どもたちによる神輿担ぎがあります。沿道の力水で全身びっしょりになりながら、古里の思い出作りをしています。

    また、波佐見一周駅伝大会には、53回連続出場を果たしています。

    三股郷を取り囲むそれぞれの山、谷は窯業に必要な陶石が埋蔵し、以前はネオンのような色を発する高価な宝石のオパールが掘られており、他に類のない環境の里です。 その深き山、谷に慶長7年(1602年)約400…[ 続きを読む ]

  • tauthor三股 グループのロゴ三股 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「平野」フォーラムで「特派員便り 平野郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    139人/41世帯 2010.09.30現在
    面積
    0.26k㎡

    概要
     平野郷は、波佐見町の最南端に位置し、町内最小地区で川棚町との町境が海の入り江のように複雑な地形をしています。東に川棚川を挟んで岳辺田郷、北は志折川を両側に挟んで志折郷、南は川棚町中山郷と町境の郷です。

    基をたどれば、川棚町の中山郷は波佐見町の中山郷でした。昭和31年以前の中山郷は町内でも有数の大きい地区でしたが、昭和31年に波佐見町と川棚町に分裂分割し、波佐見町に残ったのが、わずか20数戸でした。平野郷の原籍は波佐見町中山郷で、字名が平野の地名なので、波佐見町では平野郷と呼ぶようになりました。現在は世帯数も以前より増えています。

    平野郷の史跡を手繰れば、旧石器時代…[ 続きを読む ]

  • tauthor平野 グループのロゴ平野 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「稗木場」フォーラムで「特派員便り 稗木場郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    790人/272世帯  2010.09.30現在
    面積
    1.87k㎡

    概要
     昔の川や田んぼの風景は変わったものの、のどかで、美しく豊かな自然に満ちた田園風景と、先人の歴史を秘め、人情味あふれる稗木場地区。

    花見など、日本には「場所の旬」を楽しむ文化があります。この地区にそれを探すとすれば、何と言っても春に白い花が咲き誇る『梨園のある農村風景』でしょう。

    地区内を流れる二つの川。今や絶滅危惧種のメダカや、産卵に必要な二枚貝などの減少で絶滅が危ぶまれている「ニガッショ」(アブラボテ)と、二枚貝の「百貫ゲー」(ドブガイ)が生息する『昔ながらの豊かな川』であります。

    400年の歴史を誇る波佐見焼。初めて「火」が入れられたのは、下稗観音堂…[ 続きを読む ]

  • tauthor稗木場 グループのロゴ稗木場 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「野々川」フォーラムで「特派員便り 野々川郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    294人/72世帯  2010.09.30現在
    面積
    3.19k㎡

    概要
     野々川郷は波佐見町の北東部に位置し、佐賀県武雄市と有田町に隣接する県境の地区です。標高447mの神六山を背に、南側に開けた傾斜地帯に広がる緑豊かな茶畑と田園のささやかな中にも活気に満ちた明るい農村集落を形成しています。

    地区の中央を県道波佐見・山内線(104号)が通っており、それを横断するように西九州自動車道、地区内には町道西ノ谷線、村線、田別当線など縦横に走っています。
    車社会の現在では、どこへ行くにも大変便利な所です。

    また、神六山公園やダム公園があり、ハイキングや山菜取り、グラウンドゴルフや子どもたちの遠足などでも賑わっています。

    特に神六山公園は…[ 続きを読む ]

  • tauthor野々川 グループのロゴ野々川 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「協和」フォーラムで「特派員便り 協和郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    670人/232世帯  2010.09.30現在
    面積
    1.52k㎡

    概要
     波佐見町の南西部に位置する協和郷は、南地区では大きな自治会になりました。

    終戦後、私が子どもの頃は下波佐見村丙長野郷と呼ばれ、40戸余りの最も小さな農家集落でした。 昭和30年頃、郷民の強い要望により、協和郷に改称され、昭和41年には温泉センターが開業し、それに併せ周辺には民宿や旅館、飲食店等、温泉商店街が形成され当時は大変賑わっていました。

    水田地帯だった所が商店街や住宅地になり、水が要らなくなった池を埋め立て、その上に今の公民館が建てられました。昭和55年3月の当時は、90戸で370余名でした。その後も協和団地や病院、住宅アパート等が増え続け、今に至ってい…[ 続きを読む ]

  • tauthor協和 グループのロゴ協和 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「乙長野」フォーラムで「特派員便り 乙長野郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    504人/167世帯  2010.09.30現在
    面積
    1.52k㎡

    概要
     乙長野郷は、波佐見町の南地区のほぼ中央に位置し、その昔、鴻(コウノトリ)が棲みついていたことから鴻ノ巣山(現鴻ノ巣公園)と言われるようになった伝説があります。

    郷内には、特に史跡・伝統芸能等はありませんが、旧下波佐見村時代から南地区の中心街であり、旧役場や農協、小中学校、高校、郵便局、駐在所等の公共施設はもとより、様々な商店が建ち並んで大変にぎわっていました。

    郷の鎮守である「六所宮大権現」は、農村環境改善センターの後方にある公民館内に拝殿を奉り、祠は裏にあり、毎年、夏の献灯祭での奉納演芸や秋の乙宮日祭(兼戦没者慰霊祭)を執り行っています。

    また、今年は…[ 続きを読む ]

  • tauthor乙長野 グループのロゴ乙長野 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • tauthorが「甲長野」フォーラムで「特派員便り 甲長野郷から」というトピックを立てました。 3年 10か月前

    人口/世帯数
    240人/71世帯  2010.09.30現在
    面積
    1.52k㎡

    概要
     甲長野郷は波佐見町の西端で、境界の一部は佐世保市と連なっています。南北にまたがる丘陵により東と西に区画され、その東側を長野、西側を長原と言っています。

    周囲は、緑なす山に囲まれ、環境の美化と郷民融和のため、45年前から町有林と郷有林の育林に取り組んできました。現在では、先輩方の努力によって緑深き深山をなしています。大雨や干ばつの自然災害から守り、大気汚染の浄化など環境保全にも役立ち、保安林としても機能を果たしています。そこを源とする長野川の流域と長原の2つの谷に広がる米、麦、大豆を中心作物とする農業主体の甲長野郷です。

    以前は、集会場へ行くのにも車の通らない狭い…[ 続きを読む ]

  • tauthor甲長野 グループのロゴ甲長野 グループを作成しました。 3年 10か月前

  • さらに読み込む