鬼木

特派員便り 鬼木郷から

このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。5 ヶ月、 1 週前 tauthor さんが最後の更新を行いました。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #59

    tauthor
    キーマスター
    人口/世帯数 264人/69世帯  2010.09.30現在 面積 2.4k㎡
    概要  鬼木という木はどんな木だったのでしょう。狩りをしていた大昔、驚くほどの巨木があり、それが地名になったと伝えられています。

    平成5年、全戸出資による農産物加工センターがオープンし「棚田の駅」として、鬼木みそや清流漬をはじめ、安全・安心な特産品が全国各地で好評を博しています。

    平成10年に建設された農民具資料館には、江戸時代からの農民具が多く展示され、地元出身の児童文学者・名誉町民 福田清人先生のコーナーも設けてあり、ご遺徳を偲ぶことができます。

    さて、先人達の偉業とされる石垣による棚田は、平成11年に「日本の棚田百選」に認定されました。

    これを機に地域の活性化を図ろうと、転作作物である大豆を枝豆として少し早めに収穫してもらい、都市住民の方に楽しんでもらおうと平成12年10月に開催したのが棚田まつりの始まりとなりました。

    収穫の喜びを通じての交流や、本当にやって良かったという満足感、自分の地域を誇れる心がひとつとなり、それ以降の活動につながっているのでしょう。2回目から登場の案山子は、アニメや世相を反映した物が多く、今や集客の主人公となりました。

    9月23日(祝)この時期、鬼木棚田は彼岸花が見ごろを迎え、秋風に黄金色の稲穂が微笑む大自然の絶好の季節の中で、町文化財鬼木浮立の華やかな音色がのどかな山間にこだまします。「21世紀の社交場」鬼木棚田へお越しください。

    近年、地域の伝統はすたれ、住民の絆までもが薄れつつある時代と言われていますが、郷民が一丸となって、伝統ある地域性、また、日本の原風景である貴重な財産「棚田」を活かしながら更なる活性化を目指します。

    一日の活力源は
    『朝一杯のみそ汁と、朝ごはんから』

    施設・史跡
    通信(行事)
    名物・自慢・達人
    写真
    区域
    • このトピックは tauthorが5 ヶ月、 1 週前に変更しました。
    • このトピックは tauthorが5 ヶ月前に変更しました。
    • このトピックは tauthorが4 ヶ月、 4 週間前に変更しました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。